かつお節にカビ付けする理由は?

query_builder 2024/06/09
3
かつお節には、カビ付けが行われています。
しかし、なぜカビ付けが行われているのか、ご存じない方もいるでしょう。
この記事では、かつお節にカビ付けする理由について解説します。
▼かつお節にカビ付けする理由
■悪性のカビから守るため
カビには、良性のカビと悪性のカビがあります。
悪性のカビは家庭でも発生するような種類で、食べられません。
湿度・温度・酸素・栄養素など、一定条件がそろうと発生しやすいです。
しかし、かつお節の表面に良質なカビをつけておくと、悪性のカビの発生を抑制できます。
■保存期間を延ばすため
良質なカビが増殖する過程で、かつお節のなかに含まれている水分が使用されます。
かつお節の水分が減ることで腐りにくくなるため、保存期間を延ばすのに効果的です。
■うまみや香りを高めるため
かつお節に良質なカビを付けることで、うまみや香りをより引き立たせられます。
カビがかつお節のなかに入り、タンパク質やアミノ酸を分解する過程でプロテアーゼを出すためです。
プロテアーゼの働きの1つとして、うまみを発生させる効果があります。
風味がより豊かになり、料理に深い味わいを与えられるようになるでしょう。
▼まとめ
かつお節にカビ付けする理由は、以下の3つです。
・悪性のカビから守るため
・保存期間を延ばすため
・うまみや香りを高めるため
上手に良質なカビを活用することで、より料理が美味しくなります。
カビ独特の香りが気になる方は、カビ付けしていないかつお節もあるため、好みによって使い分けましょう。
『匠創海』は、通販サイトや店舗でかつお節を販売している会社です。
さまざまな種類のかつお節を取り扱っておりますので、いつでもご利用ください。